ヨガで内面から輝くライフスタイル誌 ヨガジャーナル日本版公式サイト

TOP > TOPICS > ライフスタイル > 芥川舞子さんが語る 私がファーストシップで教えたいこと… vol.4

ライフスタイル

FEATURE ARTICLES

ライフスタイル
芥川舞子さんが語る 私がファーストシップで教えたいこと… vol.4

更新日:2017年09月20日

STUDY WITH THE BEST @FIRST SHIP vol.04
STUDY WITH THE BEST @FIRST SHIP vol.04
PROFILE 芥川舞子さんヨガティーチャー/モデル。19歳のとき母親の影響でヨガと出会い、ヨガインストラクターに。指導者として実績を積み重ねるとともに、若手インストラクターの育成指導にも携わる。クリスタルクリア・ヨガアカデミー主宰。一児の母。
STUDY WITH THE BEST @FIRST SHIP vol.04
STUDY WITH THE BEST @FIRST SHIP vol.04
足裏のバランスや脚力を高めるアーサナで、美しい脚に必要な安定した土台をつくっていく。

STUDY WITH THE BEST @FIRST SHIP vol.04
ダウンドッグは地面に足を密着させる練習に最適。腕に頼らず、脚で立つことを意識する。



STUDY WITH THE BEST @FIRST SHIP vol.04
インストラクターを目指す参加者に、目標や目的を明確にすることの大切さを説く芥川さん。



STUDY WITH THE BEST @FIRST SHIP vol.04
質問タイムでは、芥川さんの体験談やアドバイスがたっぷり聞ける。

 

「美しい脚」をつくるレッスンからスタート

芥川舞子さんのようなトップインストラクターになるにはどうしたらいいのか、その秘訣を全6回で学べる特別講座がスタートしました。

1回2時間で行われる本講座は、前半がヨガのミニクラス。第1回は「どんな靴でもはける美しい脚をつくる」がテーマでした。

「美しい脚をつくるには、体の土台となる下半身の安定が不可欠。股関節、膝、足首、足指をバランスよく使って体を美しく整え、同時にヨガの本来の目的である瞑想にふさわしい座り姿勢もつくっていきます」と安楽座から開始し、股関節を中心に主要な関節をしっかり動かし、脚で支える感覚を磨いていきました。

ヨガインストラクターに必要な要素とは…

後半は講義。

「誰でもヨガを楽しめる時代になったことで、そのヨガで得た恩恵を今度は自分が伝える側になっていきたいと願い、ヨガインストラクターを志す人も急増しています。何千年もの間受け継がれてきた歴史の長いヨガに対し、ヨガインストラクターという職業の歴史は、まだ始まったばかり。だからこそ、ヨガインストラクターとは何なのかを、まずは明確化することが大事だと思います。

インストラクターとは大人数によるレッスン、つまりは現代で行われているほとんどのヨガスタジオにあるようなグループレッスンをガイドする人のことだと、私は定義しています。少人数では一人ひとりがきちんと見えるのに対し、大人数では見落とす可能性が高く、意図したとおりに伝わらず言葉に誤解が生じることも多いです。ですから、大人数でありながらも全員の安全性が確保されるための理論や、多くの人に伝わるわかりやすい言葉使い、なるべく全員に目を向けるためのテクニックなど、古来の指導法では必要のなかった要素が、今インストラクターには求められています。

私がヨガに出会い、ヨガを通して人生を自立して生きられるようになったのは、グループレッスンでのヨガが身近に楽しめるこの時代に生まれたからです。そう思うと、私がインストラクターとして行っている日々のグループレッスンにやり甲斐を感じないではいられません。今日もこのレッスンに来てくれる人が、当時の私のように、人生を豊かにする機会としてヨガに出会っているならば、これほどうれしいことはありません」

こうして芥川さんの独特の語り口に耳を傾けていると2時間はあっという間。インストラクターにとって役立つヒントが受け取れる、まさに「特別な」講座でした。



「RYT200を取得したばかりです。講座を受ける前は漠然としていた考えが、とてもクリアになりました。6回すべて受講します!」 近藤和佳奈さん

「講座の大半が講義と質疑応答という点に興味がわいて受講しました。弱い部分もさらけ出して話された先生の体験談が印象的でした」 児玉佳子さん

「特別ヨガ講座は12月まで毎月開催中。毎回異なるテーマで、ペアレッスンを取り入れた具体的なヨガの指導方法など、即役立つ実践的な内容が中心です」

●問い合わせ先/ファーストシップ トータルヨガスクール フリーダイヤル 0120-131-455 URL:www.firstship.net

photos by  Nomi Meno   model by  Maiko Akutagawa   text by Yasuko Ito

関連記事

更新日:2017年09月20日

注目のトピックス
マットを離れても愛され続けるヨガウェア
ヨガウェアを日常に着こなすoff the matスタイルは、ヨギだけでなく、NYのファッショントレンドとして浸透中。今年ブランド10周年を迎える「ヨギー・サンクチュアリ」が提案する新たなヨガウェアの着こなしに注目です。
疲れ知らず!冷え知らず! 私たち、「養命酒」始めました
体調を崩しやすいと言われる季節の変わり目。日頃から体をしっかり整えておきたいですよね。コツコツ続けるヨガ&「薬用養命酒」で、疲れや冷えに悩まされない健やかな毎日へ!
人気ティーチャーのヨガライフはいつも「SOYJOY」と一緒!
大豆をベースにしたSOYJOYはヨガする人の間で人気が高まっています。「体にいいから」「美容にもいいから」「ヨガに合っている」などなど、先生方に聞いてみました。
憧れのヨガインストラクター芥川舞子さんが語る 私がファーストシップで教えたいこと…vol.04
芥川舞子さんのようなトップインストラクターになるにはどうしたらいいのか、その秘訣を全6回で学べる特別講座がスタートしました。熱気あふれる濃密な2時間を初公開レポート。
モデル石井エミリーが着る 実力派ヨガブランドの秋デザイン
グラフィカル、アシンメトリー、構築的なデザイン etc.…。秋の新作が続々と店頭に並ぶ中、今シーズンはより洗練されたモードなアイテムが印象的です。気持ちも引き締まるハイセンスなヨガルックをご紹介します。
島袋聖南さんのYOGA TEACHER TRAINING DIARY vol.7
YMCメディカルトレーナーズスクールでIHTA認定ヨガインストラクター2級を取得した島袋聖南さんが、RYT200も取得できる1級コースへとステップアップ! 今回は「機能解剖学」のクラスに密着しました。
だから自慢したくなる! 秋のemmi yoga 最新ワード
ヨガだけでなく普段のおしゃれも心地よく過ごせるemmi yoga。この秋の新作は、より女性らしく見せてくれるデザインに注目。なかでも押さえておきたいキーワードをご紹介します。
内山理名さんが学ぶ よいティーチャーになるために vol.6
UTLで学べるさまざまな流派のうち、今回は3つの流派を代表する先生たちが、内山さんにレクチャー。指導に生かせるヒントが満載で、ヨガへの学びを深めました。
ヨガ女ブログ新着記事

Maoのヨガ&アーユルヴェーダ ブログ …

HOPE 希望という名のプロジ…

2017年06月08日 12:37

Maoのヨガ&アーユルヴェーダ ブログ …

インドの学校のHPできました!…

2017年06月06日 19:07

Maoのヨガ&アーユルヴェーダ ブログ …

Jet Airwaysと旅する…

2017年05月07日 17:09

おすすめユーザー