ヨガで内面から輝くライフスタイル誌 ヨガジャーナル日本版公式サイト

TOP > TOPICS > ライフスタイル > 内山理名さんが学ぶ よいティーチャーになるために vol.3

ライフスタイル

FEATURE ARTICLES

ライフスタイル
内山理名さんが学ぶ よいティーチャーになるために vol.3

更新日:2017年03月20日

内山理名さんが学ぶ よいティーチャーになるために vol.3

今回は、クラスをつくり上げる一連のプロセスを内山さんが体験。テーマに沿って一から内容を考え、集客し、身近な人にレッスンを行うまでをレポートします。

内山さん:ブラトップ¥7,500、ボトムス¥13,703/ともにlululemon トップス¥7,222/WE'AR(すべてヨヨギラウンジbyアンダーザライトMAIL:lounge@underthelight.jp)

内山理名 女優。ドラマ、映画、舞台などに出演し、主演も多数務める。
ヨガ歴10年。昨年RYT200取得。
鈴木まゆみ先生が
特別参加


全米ヨガアライアンス認定200時間TT担当講師。
「ヨガフェスタ横浜」では「身近な人にヨガを教えてみよう」を担当した。
生徒の年代や悩みを見極め寄り添うクラスを目指して

今回のクラスを行うにあたり、テーマや構成を決め、集客までひとりで行った内山さん。

「夕方のクラスなので、仕事をして疲れている30代女性がリラックスでき、体を温めぐっすり眠れる内容を心掛けました。レッスンの率直な意見が聞きたかったので、顔見知りのTT同期生に声を掛けて参加してもらっています」(内山さん)

鈴木まゆみ先生が見守るなか、寒さでこわばった肩や背中、デスクワークで硬くなったお尻などをストレッチ。チャレンジポーズも交えて次第に体はポカポカに。今回の課題であるアジャストにも挑戦し、ポーズが深まるアプローチ法を探る内山さん。

「知識はあっても自分の言葉でうまく伝えられず、教える難しさを実感。辛そうな生徒さんには、プロップスを使えばよかったなど反省点がいっぱいです」(内山さん)。「痛みがある生徒さんには、今の体の限界に自分自身で気づけるようなティーチングを。生徒さんが知らないことを探して教えてあげて」(鈴木先生)

次号は、鈴木先生からのアドバイスを詳しくご紹介します!

レッスンの構成を考える

前回、AVI先生から教えてもらった「YOGA SENSEI」アプリを参考に。テーマに沿ったシークエンスができました。

今回のポイント…

 なるべくアジャストに入る

今回の参加者はヨガ上級者なのでデモンストレーションは最小限に。ポーズを深めるアジャストを積極的に行っていきます。

「見る」意識を持って観察する

ポーズの完成度を高めるだけでなく、「アジャストが必要か、ひとりで集中したいか」など、生徒さんのニーズを見抜く練習も。

●レッスンの内容は…

1日働いて疲れた体をほぐし、寒さで滞った血流を促すシークエンスで構成します。ハードになりすぎず、気持ちいいと感じられるポーズを意識。

●集めるメンバーは…

初心者と上級者を一緒に指導するのはハードルが高いため、上級者のTT同期生に限定。年代は、悩みを共有しやすい自分と同年代の30代女性を集客。

いよいよレッスンスタート!

ケガをしないためにも、手足をほぐして温めてからポーズへ。「つらいところはありますか」と、参加者の体調に耳を傾ける姿も印象的。

参加者の感覚にゆだね、体の変化を感じる時間を大切に。

「体に触りますね」とひと声掛けてアジャストすると安心感がアップ。

レッスンを振り返って

「知識をそのまま伝えるのはインストラクション。足りないものを見つけて伝えるティーチング技術を身につけましょう」と鈴木先生。

鈴木まゆみ先生が著書と同じテーマのWS「身近な人にヨガを教えてみよう」を開催。
日時:5月28日(日)14:30~16:30、場所:UTL

「オーガニックライフTOKYO」では、HIKARU先生とコラボクラスを開催

HIKARU先生のクラス「私らしさが輝くシヴァナンダヨガ」に内山さんが登場。健康的な生活を送るために、心を鎮めるマントラと呼吸法、体の緊張や疲れをとるポーズなどを学べます。日時:4月22日(土) 14:00~15:30、料金:事前予約¥2,400、当日¥3,000(ともに税込み) http://organiclifetokyo.com

石井麻衣子さん
Maiko Ishii

2016年6月修了(33期生)。
リポーター・MCの仕事をしながら、
都内ヨガスタジオで講師として活躍。

卒業後も温かく迎えてくれるずっと学べる場所

自分のためにヨガを深めたくて入校し、「知識をシェアすることで人の役に立てる」という先生の言葉で指導者へ。TT1~ 3 と段階を踏んで学べたのがよかったです。卒業後も先生方のレッスンを受けて刺激をもらい、資格を取った後も戻れる場所があるのが心強いです。

(左)主催したビーチヨガは、スタジオの生徒さんや友人が多数参加し大盛況。(右)指導する喜びと大変さを実感できたチャリティクラスの様子。

加藤麻未さん
Asami Kato

2015年12月修了(31期生)。
UTLの受付とヨヨギラウンジで働きながら、
ジムなどで女性のためのヨガを指導。

納得できるまで質問でき基礎から徹底的に学べる

早く・安くよりも、納得するまでじっくりヨガを学びたくてUTLを選びました。実際、ポーズのやり方や解剖学から哲学まで一から丁寧に教えていただき、基礎を大切にする指導法と先生の質の高さに大満足。一人ひとりに寄り添う指導を目指して頑張ります。

(右)レディースクリニックの産後ヨガクラスに来ていたお子さんと一緒に木のポーズ。(左)女性向けのヨガWSを開催したときの風景。

photos by Shoko Matsuhashi hair&make-up by Marie Sakano(Allure) text by Ai Kitabayashi

関連記事

更新日:2017年03月20日

注目のトピックス
マットを離れても愛され続けるヨガウェア
ヨガウェアを日常に着こなすoff the matスタイルは、ヨギだけでなく、NYのファッショントレンドとして浸透中。今年ブランド10周年を迎える「ヨギー・サンクチュアリ」が提案する新たなヨガウェアの着こなしに注目です。
疲れ知らず!冷え知らず! 私たち、「養命酒」始めました
体調を崩しやすいと言われる季節の変わり目。日頃から体をしっかり整えておきたいですよね。コツコツ続けるヨガ&「薬用養命酒」で、疲れや冷えに悩まされない健やかな毎日へ!
人気ティーチャーのヨガライフはいつも「SOYJOY」と一緒!
大豆をベースにしたSOYJOYはヨガする人の間で人気が高まっています。「体にいいから」「美容にもいいから」「ヨガに合っている」などなど、先生方に聞いてみました。
憧れのヨガインストラクター芥川舞子さんが語る 私がファーストシップで教えたいこと…vol.04
芥川舞子さんのようなトップインストラクターになるにはどうしたらいいのか、その秘訣を全6回で学べる特別講座がスタートしました。熱気あふれる濃密な2時間を初公開レポート。
モデル石井エミリーが着る 実力派ヨガブランドの秋デザイン
グラフィカル、アシンメトリー、構築的なデザイン etc.…。秋の新作が続々と店頭に並ぶ中、今シーズンはより洗練されたモードなアイテムが印象的です。気持ちも引き締まるハイセンスなヨガルックをご紹介します。
島袋聖南さんのYOGA TEACHER TRAINING DIARY vol.7
YMCメディカルトレーナーズスクールでIHTA認定ヨガインストラクター2級を取得した島袋聖南さんが、RYT200も取得できる1級コースへとステップアップ! 今回は「機能解剖学」のクラスに密着しました。
だから自慢したくなる! 秋のemmi yoga 最新ワード
ヨガだけでなく普段のおしゃれも心地よく過ごせるemmi yoga。この秋の新作は、より女性らしく見せてくれるデザインに注目。なかでも押さえておきたいキーワードをご紹介します。
内山理名さんが学ぶ よいティーチャーになるために vol.6
UTLで学べるさまざまな流派のうち、今回は3つの流派を代表する先生たちが、内山さんにレクチャー。指導に生かせるヒントが満載で、ヨガへの学びを深めました。
ヨガ女ブログ新着記事

Maoのヨガ&アーユルヴェーダ ブログ …

HOPE 希望という名のプロジ…

2017年06月08日 12:37

Maoのヨガ&アーユルヴェーダ ブログ …

インドの学校のHPできました!…

2017年06月06日 19:07

Maoのヨガ&アーユルヴェーダ ブログ …

Jet Airwaysと旅する…

2017年05月07日 17:09

おすすめユーザー