ヨガで内面から輝くライフスタイル誌 ヨガジャーナル日本版公式サイト

TOP > おうちヨガ > ヨガポーズ集 > ヴィラバドラーサナ III (戦士のポーズ III)

ヨガポーズ集

YOGA POSE COLLECTION

Warrior III Pose

ヴィラバドラーサナ III (戦士のポーズ III)

ポーズの進め方
STEP1
タダーサナ(山のポーズ)で立ち、息を吐きながら前屈してウッタナーサナ(立位前屈)へ。ウッタナーサナから、息を吐きながら左足を後ろにステップしてハイランジのポジションへ。右膝はだいたい直角に。胴体の中央のライン(恥骨から胸骨まで)を右腿の中央のライン(膝から脚の付け根)に下ろし、両手を右膝へ。右手は膝の外側、左手は内側に。両手で膝を押して胴体を少し持ち上げて、吐く息でやや右へ。
STEP2
ランジのポジションから両腕を前に伸ばして床と平行にする。両腕はまっすぐそろえて手のひらを向き合わせる。息を吐きながら右大腿骨頭を後ろに押し、かかとを積極的に床に押す。前の脚を伸ばすのと同時に後ろの脚を持ち上げる。後ろの脚を上げながらも、尾骨は骨盤に引き入れるようにする。
STEP3
通常、胴体を前に突き出してヴィラバドラーサナ III に入る人が多いが、体重が前の足の拇指球にかかってバランスがとりにくくなる。胴体を前に出さないでポーズに入るようにする。前の膝を伸ばすときに右大腿骨頭を後ろに押すことを忘れずに。それによって大腿骨頭が股関節の中央になり、かかとが床に根づき、ポーズが安定する。
STEP4
両腕、胴体、上げたほうの脚は、床とほぼ平行に。骨盤が傾く人が多いので、上げた脚側の腰を床のほうへ引いて、両方の腰が床と平行になるようにする。後ろの脚を活性化し、後ろの壁のほうへ強く伸ばしていく。両腕は反対側に強く伸ばす。頭を少し上げて前を見る。が、首の後ろを圧迫しないように。
STEP5
このポジションで30秒〜1分ステイする。吐く息でランジに戻る。両手を右足の両側へ下ろす。次の吐く息で左足を前にステップして右とそろえる。 この前屈で数呼吸してから、反対側を同じ長さで繰り返す。
効果のある部位
太腿 足首 股関節 ハムストリングス ふくらはぎ 背骨
セラピー効果
その他の効果
・脚、足首の強化・肩、背筋の強化・腹部の引き締め・バランス力向上と姿勢の改善
禁忌および注意すべきこと
高血圧
ビギナーへのヒント
大腿骨頭を後ろに引きながら前の膝を伸ばすとき、ふくらはぎをすねに対して押すようイメージしてみよう。これら2つの拮抗する動きが膝のロックや伸ばしすぎを防ぎ、ポーズをさらに安定させる。
準備ポーズ/補足ポーズ
パートナーと行なう
注目のトピックス
Practice in Nature 海と木と風と。初夏のリトリート・スタイル
人気モデル・伊藤ニーナの最新スタイルを参考に鮮やかカラーや心地よい素材のウェアを纏って太陽や大地のエネルギーを体中に取りこもう!
新米ヨガインストラクターKellyがRYT200取得を目指す! vol.7 解剖学からポーズを見極める
今回は、佐藤ゴウ先生と1級コースで学ぶ「機能解剖学」について学びを深めました。
人気モデルAVIがRYT500を目指す!ついにRYT500修了! 学びを振り返って
AVIさんが、RYT500卒業を迎えました! 受講スタートから約3年半、中でもAVIさんが深く感銘を受けたマタニティヨガ講師、ジャニス先生から祝辞とアドバイスをもらいました。
傷まないヘアケアで心も弾むしなやか美髪に!
素敵なヘアスタイルを生み出す美容師は髪を知り尽くすヘアケアのプロ。ヨギでもある美髪の谷口友海さんにこの時季のヘアケア法を教えてもらいました。
ヨガ女ブログ新着記事

Maoのヨガ&アーユルヴェーダ ブログ …

九州ヨガ旅スタート!…

2015年07月02日 10:21

インド・YOGA哲学の旅…

7月のまいあさ瞑想…

2015年06月30日 13:35

さち、あれ。

竜宮窟 in 伊豆…

2015年06月27日 16:57

おすすめユーザー