ヨガで内面から輝くライフスタイル誌 ヨガジャーナル日本版公式サイト

TOP > おうちヨガ > ヨガポーズ集 > ウルドヴァ・ハスターサナ (上向きの礼拝)

ヨガポーズ集

YOGA POSE COLLECTION

Upward Salute

ウルドヴァ・ハスターサナ (上向きの礼拝)

ポーズの進め方
STEP1
タダーサナ(山のポーズ)で立つ。両腕を外側へ回す。手のひらが外を向き、親指が後ろを向くように。吸う息で両腕を外側から開き天井のほうへ上げる。
STEP2
肩が硬い人は、両腕がほぼ平らになるところでストップすること。もし肩を丸めずにできるようなら、頭上で手のひらを強く合わせる。まず手のひらの付け根、そして手のひら、最後に指の順で。
STEP3
肘を小指の方までずっと伸ばしきって、親指が頭頂部のほうへ少し下がるようにする。首の後ろを圧迫していないことを確認しながら、頭をやや後ろに傾けて親指の方を見る。
STEP4
肋骨の前側を前に突き出さないように。肋骨前側は、下に(骨盤側へ) そして中に(背骨側へ)向けて、尾骨を床の方向へ伸ばす。胸郭を骨盤から引き離して平らにし、腹の周囲をストレッチする。数呼吸ホールドする。
STEP5
息を吐きながら両腕を外側へ下ろし、胴体を股関節から折り曲げてウッタナーサナ(立位前屈)へ。
効果のある部位
腹部 脇の下
セラピー効果
・疲労・ぜんそく・消化不良・背中の痛み
その他の効果
・腹部のストレッチ・消化機能の改善・肩と脇の下のストレッチ・軽い不安の軽減
禁忌および注意すべきこと
首に故障がある場合は、このポーズで両腕を上げないこと。
ビギナーへのヒント
上げた両腕をまっすぐ伸ばすには、肘のすぐ上にストラップなどを巻いて、肩幅になるよう締める。
準備ポーズ/補足ポーズ
パートナーと行なう
注目のトピックス
内山理名さんがRYT500取得に挑戦!! vol.2 ヨガティーチャーに必要な安全管理とは?
指導者にとって、ヨガを安全に正しく教えるための知識は不可欠です。豊富な指導歴に加え、ご自身もヨガで体を痛めた経験を持つ鈴木まゆみ先生に、安全管理の心得を伺いました。
島袋聖南さんのYOGA TEACHER TRAINING DIARY vol.9
YMCメディカルトレーナーズスクールでヨガインストラクターを目指して勉強中の島袋聖南さん。今回は、良いインストラクターになるうえで欠かせない「アジャストメント」を受講。実践的な指導方法をみっちり学びました。
私たちも環境も気持ちいい 天然素材=ウールQ&A
ヨガインストラクターとして消費者として気になるメリノウールについての疑問を渋木さやかさんが代表質問!
ファーストシップで出会える「この先生に学びたい」と思える先生10人の実像
さまざまな仕事を経て講師に転身し、受講生のステップアップを後押ししてきた10人の先生をクローズアップ。ヨガを通して人としての成長をサポートできる指導力に定評があります。
ヨガする女性をもっとキレイに! Be More Beautiful Yogis!
2018 年のヨガライフを楽しむためのヨガウェアやシューズ、ビューティーアイテムをピックアップ! もっと私らしく、ハッピーな毎日を手に入れて♡
ヨガ女ブログ新着記事

Maoのヨガ&アーユルヴェーダ ブログ …

HOPE 希望という名のプロジ…

2017年06月08日 12:37

Maoのヨガ&アーユルヴェーダ ブログ …

インドの学校のHPできました!…

2017年06月06日 19:07

Maoのヨガ&アーユルヴェーダ ブログ …

Jet Airwaysと旅する…

2017年05月07日 17:09

おすすめユーザー