ヨガで内面から輝くライフスタイル誌 ヨガジャーナル日本版公式サイト

TOP > ヨガ女ブログ > Ayumi Nakahara “ Life with yoga ”

Ayumi  Nakahara   “ Life with yoga ”

PROFILE

中原 歩 (女性・東京都)

フォローする

モデル、ヨガインストラクター。
13歳で雑誌mc sister専属モデルとしてデビュー。
体型維持の為に始めたヨガであったが体が強くしなやかになり、体型を整えてくれるだけでなくストレスも上手に解放できるようになっていく自分を実感。メンタル面までもヘルシーにしてくれると心と体の繋がりに感銘を受ける。2009年より「少しでも多くの方とこの体験を共有したい」とインストラクターとしても活動を開始。
バランスの取れた、内側からの美を追求し続けている。
2017 Oct
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22
232425262728
293031    

2012年02月10日 18:02

教える事、生徒でいる事。

CATEGORY : ヨガ


私のヨガ友が

とても素敵なブログを書いていたので
シェアします


練習する意味。。
ヨガを教えるという事。。


すでに先生として教えている方、
これから先生になりたいな。
これからヨガを習いたいと思っている方。

きっと何かの気づきを得るきっかけになるんではないでしょうか

是非読んでみてくださいね






ヨガ友からヨガ談義したいって連絡が来た。

彼女とは同じ先生に学ぶヨガ友であり、

同じスタジオでヨガを教えた仲間でもある。


彼女は生徒さんからヨガ指導者養成講座を受けたいので

アドバイスを求められた、と。



昔の自分を思い出した。

ヨガを始めて半年か1年ぐらいで体も動くようになり、

色んなアサナの練習が面白くてしょうがない時期、

ヨガの先生になりたい気持ちが非常に強く、

あれこれ指導者養成講座を探していた。

ヨガブームのちょっと前だったので、

指導者養成講座自体はそんなになく、費用も結構高かった(80万とか)

やっとみつけた講座は50万ぐらいかかるので、非常に悩んだ。

啓蒙師の一人の先生に相談したら、

その講座の内容を見てくれて色々話をしてくれた。

ヨガはつながる、結ぶという意味って教えてくれたのもこの先生だった。



ダメとは言われなかったけどお勧めもされなかった。

非常に惹かれつつも、

本当にやりたいのか?

今やらなきゃいけないのか?

経済的にそんな余裕があるのか?

と色々迷いが生じた。


躊躇するわたしに啓蒙師の先生からの一言で迷いが吹っ飛んだ。


「迷いがあったら静観するのも一つの選択。

先生になりたい気持ちが強ければ、やってるうちに自然にそうなるから」

これでわたしは納得し、ヨガの練習だけに集中した。


奇妙なことにヨガのことを少し分かるようになってから、

先生になりたい気持ちがなくなった。

ヨガは奥が深い。

いつか先生になれればいいと思い、

ヨガ指導者講座を受けたのはヨガをやって4年目か5年目の頃。

別にヨガの先生にならなくてもいいとも思った。

先生になることが目的ではなく、ヨガは既に人生の一部。



そしてある日、師匠からスタジオでヨガを教えてみない?

と言われたときに、心底驚いた。

自分もひよっこなのに人に教えるなんて

そんな恐ろしいことはできないと思ったから。

そんなわたしに師匠がこう言った。

「むろん色々見てそう判断した。どうしても無理と思うなら、

もう少し経ってからでもいい」

師匠の言葉を噛み締めて考えた末、やらせてもらうことにした。



スタジオで教えるのも3年目に入るが、まだまだひよっこって痛感する。

教えながらも生徒としてクラスに出ているし、

むしろ生徒でいる時間のほうが多い。

はっきり言って無名でカリスマ性もなく生徒さんが一人も来ない時だってある。

落ち込んだし自信をなくした。

でも有名とかカリスマ性とかに関係なく、ヨガは自分の本質が出るし、

体と心をつなぎ、自分と周囲、内面と外面、陰と陽のバランスを整え、

目的は今を生きる事だと思う。



健康はもちろん、何のためにヨガをするの?と疑問を持つ人もいるだろう。

その疑問はヨガが解いてくれると思う。


わたしは単純にヨガをするときが幸せで、生きていくためだから。





「 単純にヨガをするときが幸せ 」
 
 心から同感 です


ある日突然いい先生になったり
、身体に変化が起きる訳ではないし、

継続して練習をして いっぱい悩んで 試行錯誤して

そうして一歩ずつ
積み重ねていくものかな。と私は思います。



そして信頼出来るいい先生との出会いもとても大切。

そしてそういう先生を見つける

自分自身の ”目”もとても大切だと思います。







いいね!
3
コメント
0

注目のトピックス
マットを離れても愛され続けるヨガウェア
ヨガウェアを日常に着こなすoff the matスタイルは、ヨギだけでなく、NYのファッショントレンドとして浸透中。今年ブランド10周年を迎える「ヨギー・サンクチュアリ」が提案する新たなヨガウェアの着こなしに注目です。
疲れ知らず!冷え知らず! 私たち、「養命酒」始めました
体調を崩しやすいと言われる季節の変わり目。日頃から体をしっかり整えておきたいですよね。コツコツ続けるヨガ&「薬用養命酒」で、疲れや冷えに悩まされない健やかな毎日へ!
人気ティーチャーのヨガライフはいつも「SOYJOY」と一緒!
大豆をベースにしたSOYJOYはヨガする人の間で人気が高まっています。「体にいいから」「美容にもいいから」「ヨガに合っている」などなど、先生方に聞いてみました。
憧れのヨガインストラクター芥川舞子さんが語る 私がファーストシップで教えたいこと…vol.04
芥川舞子さんのようなトップインストラクターになるにはどうしたらいいのか、その秘訣を全6回で学べる特別講座がスタートしました。熱気あふれる濃密な2時間を初公開レポート。
モデル石井エミリーが着る 実力派ヨガブランドの秋デザイン
グラフィカル、アシンメトリー、構築的なデザイン etc.…。秋の新作が続々と店頭に並ぶ中、今シーズンはより洗練されたモードなアイテムが印象的です。気持ちも引き締まるハイセンスなヨガルックをご紹介します。
島袋聖南さんのYOGA TEACHER TRAINING DIARY vol.7
YMCメディカルトレーナーズスクールでIHTA認定ヨガインストラクター2級を取得した島袋聖南さんが、RYT200も取得できる1級コースへとステップアップ! 今回は「機能解剖学」のクラスに密着しました。
だから自慢したくなる! 秋のemmi yoga 最新ワード
ヨガだけでなく普段のおしゃれも心地よく過ごせるemmi yoga。この秋の新作は、より女性らしく見せてくれるデザインに注目。なかでも押さえておきたいキーワードをご紹介します。
内山理名さんが学ぶ よいティーチャーになるために vol.6
UTLで学べるさまざまな流派のうち、今回は3つの流派を代表する先生たちが、内山さんにレクチャー。指導に生かせるヒントが満載で、ヨガへの学びを深めました。
ヨガ女ブログ新着記事

Maoのヨガ&アーユルヴェーダ ブログ …

HOPE 希望という名のプロジ…

2017年06月08日 12:37

Maoのヨガ&アーユルヴェーダ ブログ …

インドの学校のHPできました!…

2017年06月06日 19:07

Maoのヨガ&アーユルヴェーダ ブログ …

Jet Airwaysと旅する…

2017年05月07日 17:09

おすすめユーザー